とやまおでかけ日記(再出発編)

とやまのマニア(とやマニア)を目指して、富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

吉野橋からの片路峡を目指して~神通峡紅葉ドライブ

そうだ!道の駅細入の生乳ソフトクリーム食べよう!と思い立って出発したのが始まりです。

f:id:ai110-12368:20171110123119j:image

国道41号線を高山方面にひたすら進むと道の駅細入(飛越ふれあいの里)・飛越ふれあい物産センター「林林(りんりん)」があります。

f:id:ai110-12368:20171110123139j:imagef:id:ai110-12368:20171110123151j:image

道の駅なので野菜販売コーナーも。全品100円?!

f:id:ai110-12368:20171110123200j:image

土産売り場の奥にお目当てのソフトクリーム売り場発見。

f:id:ai110-12368:20171110123209j:imagef:id:ai110-12368:20171110123218j:image

青空の下でいただくソフトクリームは美味しいですよ。

f:id:ai110-12368:20171110123224j:image

ソフト食べたし、帰ろうか?という流れだったのですが…ちょっと待って!折角細入まで来たのだから、神通峡(じんづうきょう)紅葉ドライブ名所に行ってみようよ!という話を持ち出した私。

で、目指すのは吉野橋。ここから眺める片路峡(かたじきょう)は絶景という話を聞いたことがあったので。

f:id:ai110-12368:20171110124141j:image

ということで、以下のルートを目指して道の駅から出発。

f:id:ai110-12368:20171110124147j:image

絶景ビュースポットにたどり着くまでの道程もずっと神通峡。なので既に絶景。

f:id:ai110-12368:20171110124215j:image

猪谷の神峡橋を渡ります。ここもかなり絶景。

f:id:ai110-12368:20171110124230j:imagef:id:ai110-12368:20171110124237j:image

常虹の滝や猪谷関所館も行きたかったのですが、残念ながらドライバーの「だやいし、そこまで行きたくない…」という判断で却下。なので、それはまた別の機会に…

そして来た道から見て向こう岸側の神通川沿いの道路を進みます。道幅が狭い箇所もあり、対向車が来ないかとドキドキしながら…

f:id:ai110-12368:20171110124251j:image

道の駅細入を出発して約10分後。見つけた!ここが吉野橋!

f:id:ai110-12368:20171110124258j:image

他の車が来る気配もないので堂々と橋のど真ん中で停車。しかし車窓からでは絶景がよく見えない。

f:id:ai110-12368:20171110124307j:image

それなら車から降りて見よう!と外に出てみると、そこには…

f:id:ai110-12368:20171110124324j:image

橋から眺める大迫力の片路峡。これは素晴らしい!

f:id:ai110-12368:20171110131150j:imagef:id:ai110-12368:20171110131157j:image

逆光の北陸電力・神一ダム(神通川第一ダム)も迫力ありました。

f:id:ai110-12368:20171110124334j:image

再び車に乗り、神一ダムを眺めながら国道41号線に戻る道を進みます。

f:id:ai110-12368:20171110124413j:imagef:id:ai110-12368:20171110124422j:image

国道41号線に戻って、来た道を戻ります。

f:id:ai110-12368:20171110124431j:image

帰り道も笹津橋の辺りまでは神通峡ドライブが続きます。

下の写真は岩稲温泉・楽今日館の近く。

f:id:ai110-12368:20171110124439j:image

この日のドライブのダイジェストは動画にて。写真より動画の方がドライブ感覚が伝わってきますよ。


神通峡 紅葉ドライブ~吉野橋からの片路峡を目指して

もちろん動画撮影は助手席からです。私は撮影ばかりで、運転はドライバー任せだったというのはここだけの話ということで。

 

実際に行ってみて改めて思いましたが、ここはやはりドライブコース。観光案内のパンフレットなどに一応最寄駅やバス停名は書かれてはありますけど…駅やバス停から歩くにはとても遠く険しすぎます。もし観光で行くならドライバー同伴かレンタカーで行きましょう。

 


広告