とやまおでかけ日記(再出発編)

とやまのマニア(とやマニア)を目指して、富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

県民ふるさとの日無料開放(その3・水墨美術館と高志の国文学館)

内山邸と金岡邸で終了する予定でしたが、時間が余ったので県民ふるさとの日をフル活用しようかと。

 

まずは市電に乗り換えて水墨美術館に。

順番から考えたら、内山邸の次に水墨美術館に寄った方が効率良かったな…と後悔しながら、富山トヨペット前で下車。

 

水墨美術館に向かう前にアリスにある李さんの唐揚げを。私の中では五福に来ると必ず寄りたい店なので。

f:id:ai110-12368:20170510082228j:image

アリスから徒歩5〜8分程で水墨美術館到着。

無料開放効果か人が多かった。

 

ここの庭はいつ見ても広くて見晴らしが良い。

f:id:ai110-12368:20170510082501j:imagef:id:ai110-12368:20170510082511j:imagef:id:ai110-12368:20170510082523j:image

角館のしだれ桜も葉桜。

f:id:ai110-12368:20170510082646j:image

 

再び市電に乗り、県庁前で下車して徒歩5分程。高志の国文学館に到着。

f:id:ai110-12368:20170510082811j:image

大伴家持の特別展。いつかは伏木の万葉歴史館も行ってみたい。

常設展もリニューアルされて、以前来たときと少し変わってたかな。

公開されたばかりの映画「追憶」のミニ展示もあった。

 

県内三種の名水を試飲して、藤子不二雄のマンガを少し読んで休憩してから、文学館を後にした。

f:id:ai110-12368:20170510083415j:image

また今日も一日遊び尽くしてしまった。