とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

線路から見上げたホームと、見下ろす旧ホーム【あいの風とやま鉄道富山駅高架化完成見学会・その2】

高架化事業・ホームの解説が終わり、いよいよ下り線高架ウォークへ。線路へと降りていきます。
↓【その1】の日記はこちら 

 テレビ局・新聞社のカメラに囲まれながら出発。

f:id:ai110-12368:20190217190451j:image

特別に用意された階段を降りていきます。足元には十分に気をつけて…
f:id:ai110-12368:20190217190438j:image
線路から見た下り線ホームにはカメラマンがびっしり。どこもかもカメラだらけだったので、参加者はもれなくローカルテレビ・新聞に映ったことでしょう。
f:id:ai110-12368:20190217190321j:image
線路横の通路のガラス越しから見るオーバードホールやカナルパークホテル。
f:id:ai110-12368:20190217190308j:image

朝に降っていた雪はどこへやら。いつの間にか青空に。

f:id:ai110-12368:20190217190333j:image

こんな間近で乗車位置プレートを見れるのも、今日が最初で最後です。
f:id:ai110-12368:20190217190341j:image

新幹線開業前のJR北陸本線の時代から使われていた旧ホーム。
f:id:ai110-12368:20190217190434j:image

このホームが使えなくなる日は、もう目の前。f:id:ai110-12368:20190217190317j:image

線路から見上げるホームは貴重。もう二度と見ることはできない角度です。
f:id:ai110-12368:20190217190358j:image

なので、いろんな方向から記念に撮ってしまいました。f:id:ai110-12368:20190217190408j:image

レールからホームまでの高さを測る体験も。
f:id:ai110-12368:20190218025245j:image

都合によりぼやけてますが…ホームにいる人たちはメディアです。一番最初に計測体験を名乗り出た男の子は、カメラのフラッシュを浴びまくりのスターに。
f:id:ai110-12368:20190217190441j:image

これがその定規。レールから91.7cmのようです。
f:id:ai110-12368:20190217190329j:image

記念ボードを持って、参加者一人一人に記念撮影サービスも。f:id:ai110-12368:20190218000059j:plain
貴重なウオーク体験。名残惜しいですが、そろそろホームの上へ戻ることに。
f:id:ai110-12368:20190217190429j:image

ホームでは非常ボタンを押す体験も。電源オフなので作動はしませんが。
これで緊急時には、すぐ押せますね。
f:id:ai110-12368:20190217190426j:image

下り線から見た高山本線ホーム
f:id:ai110-12368:20190217190416j:image
表示は「調整中」時計は12時のまま。
f:id:ai110-12368:20190217190350j:image

駅名標・山向き(グリーン)
f:id:ai110-12368:20190217190353j:image

駅名標・海向き(ブルー)
f:id:ai110-12368:20190217190412j:image

そろそろホーム見学時間は終了。ホームは開業すればいつでも来れるので、次に来るときは開業後に…
f:id:ai110-12368:20190217190346j:image

次はコンコース見学。まだまだ見学会は続きます!

↓【その3】へ続く