とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

一万三千尺物語 富山湾鮨コースに乗ってみた・その1【とやまおでかけオフ会】

今年の年初に「一緒に乗りませんか?」と乗車仲間を募ってから、4ヶ月。
↓募集告知日記はこちら 

ついに乗車日がやってきました。長かったような早かったような。

乗車前に最終ご案内書が郵送で到着。一万三千尺物語専用の素敵な封筒。 

f:id:ai110-12368:20190512190552j:image

開封すると、集合時刻・座席番号か記載された最終ご案内書と、
f:id:ai110-12368:20190512190734j:image

記念乗車証。手元に届いた時点ではまだ乗車前ですが。
f:id:ai110-12368:20190512190745j:image

他に、とやマルシェ&ととやまの割引券、特別ご優待のお知らせ(乗車日に割引利用できる観光施設のご案内)が申込人数分同封。

そして乗車当日。最終ご案内書と記念乗車券を持って、富山駅の改札を通過。
改札内の専用ブースで受付して、発車ホーム・時刻の書かれた案内を受取ります。
f:id:ai110-12368:20190512205519j:image

「3番のりば」と書かれているにもかかわらず「泊に向かうから、下りホームだよね」と早とちりする私。3番のりばは上りホームと直前に気づいて慌てて移動。

ちなみに、集合時刻までの待合室もありました。
f:id:ai110-12368:20190512190630j:image

中はシンプルにテーブルと椅子。じっと座って待っていられなかったので、ホーム見学も兼ねて早々にホームに向かってしまいましたが。
f:id:ai110-12368:20190512190511j:image

列車案内を見ると「観光列車」の表記が!
f:id:ai110-12368:20190512190659j:image

そして3番のりば。こちらも「一万三千尺物語」の表記に!
f:id:ai110-12368:20190512190617j:image
出発の約20分前に列車到着。
f:id:ai110-12368:20190512190737j:image

乗車して発車までの間、車内見学へ。こちらは座席シート。ゆったりとした座り心地。
f:id:ai110-12368:20190512190438j:image

富山県内各所のパンフレット棚。
f:id:ai110-12368:20190512190756j:image

高岡市福岡町の菅笠。
f:id:ai110-12368:20190512190529j:image

試着も自由でした。
f:id:ai110-12368:20190512190559j:image

各地域の名産品紹介ショーケースも。
f:id:ai110-12368:20190512190810j:image
f:id:ai110-12368:20190512190428j:image

デッキに富山県観光マップも設置。このマップはイラスト地図になっていて、眺めているだけでも楽しい地図です。
f:id:ai110-12368:20190512190451j:image

1号車の様子。3号車とレイアウトが少し異なり、山側にカウンター席があります。
f:id:ai110-12368:20190512190537j:image

立山連峰の山の名前一覧と、万葉線のドラえもんトラムの写真も発見。
f:id:ai110-12368:20190512190752j:image

f:id:ai110-12368:20190512190614j:image

干支モチーフの菅笠も。
f:id:ai110-12368:20190512190702j:image
記念スタンプ。台紙は座席テーブルにあったのに、気づかずにガイドさんに尋ねる私。
f:id:ai110-12368:20190512190515j:image

座席には「旅ノート」「旅のご案内」も置いてありました。「旅ノート」は日記帳のようなレイアウトになっていて、旅の記録に役立ちそう…かな?
f:id:ai110-12368:20190512190643j:image

立山玉殿の湧水と、f:id:ai110-12368:20190512190825j:image

オリジナルコースターも。私は乗車後にそっと持ち帰りました。f:id:ai110-12368:20190512190431j:image
本日のお品書き。梅貝・鰤・紅ズワイガニ・昆布〆・白えび・甘えび・桜鱒!富山なネタずくしです。
f:id:ai110-12368:20190512190419j:image

車内見学して目をキラキラさせていたら、いつの間にか列車は発車してました。
上赤江の車両基地。遠くに手を振るあいの風社員さんたちの姿に気づいたときには、列車は過ぎ去っていました。
f:id:ai110-12368:20190512190759j:image

発車後は早速ウェルカムドリンクの登場。柚子スパークリング(皇国晴酒造)を選びました。ちなみに、お酒が飲めない方はノンアルコールドリンク(くによしりんごジュース)も選べます。

グラスを手に取ると…なんか軽い。そうですね、列車は揺れますからね…安全第一です。
f:id:ai110-12368:20190512190409j:image

お寿司の前に、まずは茶碗蒸し。鮨だけの提供ではなく、コース料理でした。
f:id:ai110-12368:20190512190803j:image

そしていよいよお鮨の到着。木の箱を開けると…
f:id:ai110-12368:20190512190533j:image

上段に、筍・お造り・白えびのかき揚げ。
f:id:ai110-12368:20190512190637j:image
下段にお鮨!
f:id:ai110-12368:20190512190501j:image
写真を撮るのと、ガイドさんのお話に夢中になっていたら…気が付けば間もなく折り返しの泊駅。
泊駅到着前に、一時停車。5月ならではの水田風景を楽しみます。
f:id:ai110-12368:20190512190504j:image

ちなみに、黒部川に架かる鉄橋の上でも一時停車していましたが、売店のある2号車でお鮨と一緒にいただける地酒選びに夢中になってました。
f:id:ai110-12368:20190512190717j:image

こちらが購入した地酒。一万三千尺物語オリジナルボトルでした。f:id:ai110-12368:20190512190634j:image

お鮨を食べ始めたと同時に泊駅到着。ここで15分ほど停車するので、ホームに出て記念撮影大会に。
f:id:ai110-12368:20190512190518j:image

遠くに見える「泊」の駅名標と。車内は日差しで暑く感じられましたが、外に出ると風が爽やか。
f:id:ai110-12368:20190512190524j:image

泊駅の跨線橋は工事中のようでした。
f:id:ai110-12368:20190512190602j:image

次の日記(その2)へ続きます