とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

夕暮れ時「万葉集朗唱の会」見物へ〜令和元年 高岡万葉まつり

BBTありがとう祭りを楽しんだ後は、昨日に続いてまたまた高岡へ。

↓前回の日記はこちら 

↓この日の前日に行ったのはイオンモール高岡でした 

夕日が沈む頃、高岡古城公園へ到着。もちろん目的は…

f:id:ai110-12368:20191006142702j:image

この「ふるさと眺望点」の先にある…
f:id:ai110-12368:20191006142656j:image

水上に浮かぶステージ。そう「万葉集全20巻朗唱の会」の見物です。
f:id:ai110-12368:20191006142712j:image

三日間昼夜を通して万葉集4516首を交代で詠み続けるという、高岡市名物の市民参加型ビッグイベント。
f:id:ai110-12368:20191006142736j:image

日没後の古城公園も、朗唱の会を見るのも人生初。ニュースで毎年見てたあの朗唱風景そのものです。
f:id:ai110-12368:20191006142747j:image

公園内は「燈火(ともしび)の路」というライトアップも。f:id:ai110-12368:20191006223129j:image

梅園に灯る光が幻想的。
f:id:ai110-12368:20191006142718j:image

f:id:ai110-12368:20191006142733j:image

こちらは朗唱ステージ「水上舞台」へと続く道。
f:id:ai110-12368:20191006142659j:image
光で作られた「令和」の文字も。新元号発表の日から、高岡には令和ブームの追い風が吹いています。
f:id:ai110-12368:20191006142645j:image
水上舞台の写真を背景に記念撮影できるコーナーも。
f:id:ai110-12368:20191006142705j:image

もちろん朗唱は当日参加も可能。こちらの市民体育館(東洋通信スポーツセンター)内に当日受付ありました。
f:id:ai110-12368:20191006142729j:image

体育館の中にも入ってみました。中には休憩所の他に、高岡と万葉集の紹介パネルも。
f:id:ai110-12368:20191006142743j:image

高岡を始めとした県内外各地のパンフレットも並んでました。
「いま高岡は万葉に燃えている」の文字に惹かれて、思わず一部手に取る私。
f:id:ai110-12368:20191006142722j:image

ロウソクの火が灯る道を通って、古城公園を後にしました。
朗唱の会は翌日まで夜通しでまだまだ続くので、さすがに最後まで見てる訳にもいかないので。
f:id:ai110-12368:20191006142725j:image

高岡城址公園には色々思い出があります。
巡回ラジオ体操参加のため早朝の公園へ行ったり、ウォークイベントでルートを外れて動物園を周ってしまったり、ライブイベントを見に来たり。そういえば、高岡市民会館でNHKのど自慢の予選会に出たこともありましたね…すべて昔の話です。
f:id:ai110-12368:20191006142650j:image

次に古城公園に来るときも、きっとまた楽しい思い出が増えそうです。

 

万葉集 全訳注原文付 全4冊合本版 (講談社文庫)

万葉集 全訳注原文付 全4冊合本版 (講談社文庫)

 
越中万葉をたどる―60首で知る大伴家持がみた、越の国。 (高岡市万葉歴史館論集 別冊1)

越中万葉をたどる―60首で知る大伴家持がみた、越の国。 (高岡市万葉歴史館論集 別冊1)

 

 

↓この日のスタート・富山駅前の02カフェデイの日記はこちら