とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行って「とやまおでかけ日記」というブログ書いてます。

砺波市

庄川水記念公園めぐり

もう何十年も富山にいますが、まだまだ行ったことのない場所は数知れず。その一つが庄川町(現在は砺波市庄川町)でした。 高岡駅から小牧堰堤行きのバスに揺られて1時間半弱。庄川水記念公園前で降車。 ここが、あの水まつり・ゆずまつりで有名な水記念公園か…

旧チューリップタワー撤去後の砺波チューリップ公園へ

となみ散居村ミュージアムから再び自転車を漕ぎ出して向かったのは、砺波チューリップ公園。 ↓散居村ミュージアムに訪れた前回の日記はこちら 数えてみると今年3回目のチューリップ公園。 ↓今年1回目は冬。完成間近の新チューリップタワーを見に ↓2回目はチ…

となみ散居村ミュージアムから、越中チャレンジぐるっと富山ラリー開始

暑い中、高瀬神社から自転車こいで40分ほど。砺波市のとなみ散居村ミュージアムへ立ち寄り。砺波ICの近くにある場所です。 ↓高瀬神社で夏詣した前回の日記はこちら となみ散居村ミュージアムは情報館・民具館・伝統館・交流館の4つの施設、庭と遊水池で構成…

砺波駅始発べるもんた初日 ~発車記念イベント、そして砺波から氷見へ~

2021年7月4日より、日曜日のべるもんた(ベル・モンターニュ・エ・メール:城端線と氷見線を走るJR西日本の観光列車)1号の始発が砺波駅になる!と知り、砺波駅始発の初便に乗車しようと事前に指定を取って朝の砺波駅へ。 ちなみに指定を取ったのは乗車の5日前…

今年限りの新旧ツインチューリップタワーへ~2021となみチューリップフェア

砺波市の春の一大イベント・となみチューリップフェア。なんと今年(2021年)で70回目とのこと。 70回記念ということもあり、今年は目玉が盛りだくさんのチューリップフェアということで高岡駅からJR城端線に乗って出発。 ICカードは使用できないので、きっぷ…

完成間近の新チューリップタワーと、春を呼ぶチューリップ展2021《冬の砺波散歩・その4》

いくつもの寄り道を経て、ようやくチューリップ四季彩館へ到着。 ↓前回の日記《冬の砺波散歩・その3》はこちら 入館してとりあえずおなじみチューリップパレスから。赤色の傘とLOVEの文字。 チューリップパレスのあるワンダーガーデンは季節ごとにデコレーシ…

旧中越銀行本店だった砺波郷土資料館へ《冬の砺波散歩・その3》

かいにょ苑、砺波図書館と寄り道を続けて、ようやく砺波チューリップ公園へ。 ↓前回の日記《冬の砺波散歩・その2》はこちらチューリップ公園に到着するなり、もう一つ寄り道。公園内にある砺波郷土資料館です。 前回チューリップフェアに来た時にふらりと立…

新しくなった砺波図書館にちょっと立ち寄り《冬の砺波散歩・その2》

かいにょ苑からチューリップ公園へ向かう途中、おしゃれな建物を発見。 ↓前回の日記《冬の砺波散歩・その1》はこちら 昨年2020年11月に開館したばかりの砺波市立砺波図書館でした。 休憩がてらちょっと中へ。 館内にあったマップを手に取り、とりあえず1階と…

雪に囲まれた かいにょ苑を見学 《冬の砺波散歩・その1》

大雪が続く2021年の冬。雪は残るものの久しぶりの晴れ間ということで、今年初のおでかけに出発。 目的地はリニューアルしたばかりのチューリップ四季彩館ですが、せっかくの機会なので前回の夏に来た時に時間の都合で行けなかった場所を中心に散策です。 ↓前…

真夏の砺波チューリップ公園周辺めぐり【べるもんた運行再開2daysのプチ旅・その2】

砺波駅で降りた理由、それは越中富山ふるさとチャレンジ検定のスタンプラリー収集です。砺波には何度も訪れているものの、スタンプラリー期間外だったため初スタンプとなる施設が複数あるエリアだったので。 ↓前回の日記【その1】はこちら 砺波駅観光案内所…

映画「もみの家」鑑賞@JMAX THEATERとやま

遅ればせながらようやく坂本欣弘監督(富山市出身)・オール富山ロケ映画「もみの家」鑑賞しました。 世界を襲う新型ウイルス感染が気になる中、いつ行こうか?とうだうだしているうちに約一か月経過。「流石にそろそろ行かんなんわ」と、空いていそうな平日の…

チューリップ公園KIRAKIRAミッションへ

砺波チューリップ公園で毎年開催されている KIRAKIRAミッション。いつか行ってみたいと思っていたイベントのひとつにようやく来れました。 前回の日記はこちら 砺波チューリップ公園には幼い頃から何度も訪れたことがありますが、夜のチューリップ公園は初め…

100年記念の砺波チューリップフェア

チューリップフェアが100年?と思ってましたが、砺波でチューリップ球根栽培が大正7年に始まってから100年とのこと。 チューリップフェアの歴史も昭和27年からなので、今年で66回目らしいです。 「100」のゲート 入園すると、満開のチューリップ花壇が次々と…