とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

若栗駅へ【地鉄フリー乗車券で駅めぐり・その5】 

新黒部駅そして舌山駅の次の駅、若栗駅で降車。こちらも初降車です。f:id:ai110-12368:20191113060824j:image

↓【地鉄フリー乗車券で駅めぐり・その4】 はこちら 

やけに立派な普通列車をホームから見送ります。

f:id:ai110-12368:20191113173325j:image

この駅に降りてみた理由は、西村京太郎著「富山地方鉄道殺人事件」のラストに登場する駅に行ってみたい!という単純な動機から。

↓Amazon購入はこちら 

富山地方鉄道殺人事件

富山地方鉄道殺人事件

 

↓楽天ブックスはこちら 

小さな駅内にも、小説に登場する駅と紹介されている新聞コピーが掲示。
f:id:ai110-12368:20191113060746j:image

せっかくなので持参した小説本と記念撮影。f:id:ai110-12368:20191113173902j:image

こちらが若栗駅舎内の様子。コロコロコミックが充実。「チョコレートは明治」のベンチがなんだか可愛い。そしてなぜか学校の机が一つ。
f:id:ai110-12368:20191113060834j:image

周辺観光案内マップ発見。今度来た時は駅周辺散策もしてみたいです。

f:id:ai110-12368:20191113174001j:image

駅周辺をぐるりと一周してみます。
f:id:ai110-12368:20191113060806j:image

駅の向かい側にある製材所側にある道路から見たホームと駅舎。
f:id:ai110-12368:20191113060800j:image

こちらの角度の方が駅舎全体がよく見える。
f:id:ai110-12368:20191113060818j:image

踏切側から。駅名はこちらからの方がよく分かるかも。
f:id:ai110-12368:20191113060813j:image

再び駅舎内に戻ります。年季が入って文字が隠れてる古い駅名標。
f:id:ai110-12368:20191113060755j:image
小説内では乗降客が少ない駅として登場してましたが、この日も降車時は私と地元の学生、乗車時は私1人でした。

周りは田んぼばかりでしたが、駅舎内がお家みたいな妙な居心地の良さがありました。

さて、地鉄電車のフリー乗車券を手にしたら必ず行きたくなる終着駅へ向かいます。

↓【地鉄フリー乗車券で駅めぐり・その6】はこちら