とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

『日本海食堂大百科』を求めて「BOOK DAY とやま駅」へ

ピストン藤井さんの新作が購入できると知り、富山駅南北自由通路で開催されていた「BOOK DAY とやま駅」へ。

待望の新作のタイトルは『飛び出せポンコツ!なくせインテリジェンス! 日本海食堂大百科』

f:id:ai110-12368:20201019094028j:image

豪華オールカラー。藤井さんと日本海食堂店主からのサイン入り。マッチのおまけ付。

f:id:ai110-12368:20201019102347j:image

ちょうど一年前に観に行った「ピストン収穫祭」の野外ライブで聴いた曲のCD-Rが付いてくる愛憎版or愛聴版を入手したかったのですが、あいにくこの日の日中は仕事。CD-R付は半ば諦めていたのですが…

↓日本海食堂へ「ピストン収穫祭」を観に行った日記はこちら 

仕事終わりの夕方に慌てて富山駅へ駆け込んだのですが愛憎版(手ぬぐい+CD-R付・2000円)はやはり完売。
愛聴版(CD-R付・1500円)はまだ購入できたので、愛聴版を入手。CD-R付の限定版、無事入手できてよかったです。

CD-Rには「いっぽんでもにほんかい食堂」「身投げ慕情」のオリジナルソング2曲。カラオケver.はもちろん、サウンドロゴも挿入されていて聴いてて思わず吹き出しました。 

冊子の内容は、日本海食堂の歴史を辿るメモリアルアルバム。その中には「ピストン収穫祭」の特集もあり、写真の中には私の姿も(誰か分からないような影として)薄らと写ってました。

思い返すと、あの日が私にとって最初で最後の日本海食堂となってしまいました。いつかまた来ようと思っていたのですが…

 ↓藤井さんのエッセイはこちら(Amazon) 

どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜
 

↓出版記念トークへ行った日記はこちら 

 
【おでかけうさぎのひとりごと】

富山の情報を集め出してから約5年。富山の情報集めのモチベーションの一つだった越中チャレンジ検定も今年で終了となり、目指していた「とやまふるさとマスター」になれないことが確定。

「とやまふるさとマスター」を目指していたため、最近のおでかけの行き先や情報収集も越中チャレンジ検定寄りになりがちでした。

今年の検定が終わったら…富山の基礎知識やマニアックな知識を求めるのはほどほどにして、自分の興味の向かう方へもっと気ままに富山県内を楽しみたいな…と。

もうスタンプ集めも不要になるので、スタンプラリー施設かどうかも気にせず、好きな場所には何度も繰り返していけばいいかな、と。

最近思うことは、自分は「富山のマニア」には決してなれないということ。
知らない人よりは多少は知ってるのかもしれないけれど、知ってる人と比べたらまるでお呼びでない。もっと知りたい、マニアに仲間入りしたい!と思えば思うほど、その壁は厚くなっていくかのようで。

マニアはマニア。マニアの輪に自分は入れなくても、もっと自由に独りで好きなように楽しめればそれでいいよね…と、『日本海食堂大百科』を眺めながら、これから何をしようかな?とぼんやりと思い浮かべているところです。

また本でも作ってみようかな??もちろん手作りで。そして、その本を持って全国行脚したいです。売薬さんのように…

↓手作りの冊子を手売りした「文学フリマ参加」の日記はこちら