とやまおでかけラボ

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

行田公園へ花しょうぶめぐり

花しょうぶで有名な滑川市の行田(ぎょうでん)公園を散策しました。以前から一度は行ってみたいと切望していた場所のひとつ。ようやく今年、初めて来ることができました。

f:id:ai110-12368:20180619083626j:image

公園の入口には「行田」の由来。平安時代に祇園へ納める年貢米を作る水田「祇園田(ぎおんでん)」がなまって「ぎょうでん」となり、当て字で「行田」となったらしい。
f:id:ai110-12368:20180619083617j:image

公園内には「行田公園花菖蒲マップ」が設置。この地図を参考にして花しょうぶ園めぐりスタート。
f:id:ai110-12368:20180619083657j:image

花しょうぶ、見えてきました。ここは東菖蒲園。
f:id:ai110-12368:20180619083646j:image

この日の花しょうぶの咲き具合は終わりかけでしたが、まだまだキレイ。
f:id:ai110-12368:20180619083706j:image

近くに「行田の沢清水」発見。流れる水が透き通ってキラキラしています。
f:id:ai110-12368:20180619083505j:image

この沢清水、残念ながら飲めませんでした。
f:id:ai110-12368:20180619083611j:image

角度を変えて眺めると、また素敵。
f:id:ai110-12368:20180619083532j:image

https://www.instagram.com/p/BkaYrjRHs7T/

滑川をエンジョイ 

 

次は南菖蒲園。
f:id:ai110-12368:20180619083545j:image

公園内を歩いて移動していると歌碑らしきもの発見。これは誰の歌なんだろうか?
f:id:ai110-12368:20180619083652j:image

西菖蒲園。ここが一番見ごたえありました。
f:id:ai110-12368:20180619083639j:image

「しょうぶ」と「はなしょうぶ」「あやめ」の見分け方の解説板もあります。
f:id:ai110-12368:20180619083631j:image

公園内には鯉などの魚が泳ぐ池も。小さいですが、蓮の花も浮いてました。
f:id:ai110-12368:20180619083526j:image

紫陽花(あじさい)もあちこちに咲いてました。紫陽花はまだ咲き始めで、これからが見頃かな。
f:id:ai110-12368:20180619083519j:image

行田公園で撮った写真でスライドショーも作ってみましたので、こちらからぜひどうぞ。


行田公園(滑川) 花菖蒲めぐり【とやまおでかけラボ】

公園にはSLもいました。日本に2台しかないB6型機関車らしいです。
f:id:ai110-12368:20180619083510j:image

SLにはなぜかドラえもんの掛時計。この時計だけは動いていて、時間も合っています。
f:id:ai110-12368:20180619083556j:image
f:id:ai110-12368:20180619083550j:image

行田公園の散歩のあとは、ほたるいかミュージアムのある 道の駅ウェーブパークなめりかわ でおやつタイム。ここで海を眺めながら足湯で休憩するのも癒されます。足湯のあとはもちろん、みちcafe waveで「つべつべ塩ソフト」も忘れずに。
f:id:ai110-12368:20180619083540j:image

昼間の滑川の海を見たのは久しぶり。前回は海上観光で真夜中の海だったので。

春に海上観光した日の日記はこちら

www.toyamaodekake68.com 

 滑川といえば春のホタルイカのイメージが強いですが、初夏の行田公園もいいですね。そして季節を問わず利用できる道の駅ウェーブパークなめりかわ。ここは海を眺めながら食事や休憩もできるので、私のお気に入りスポットのひとつです。

 

 


スポンサーリンク