とやまおでかけラボ

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

第13回(2018年)越中富山ふるさとチャレンジ 気になった問題まとめ【中級の部(共通問題)編】

越中富山ふるさとチャレンジ(第13回)気になった問題や感想などをつらつらと3回に分けてまとめてみます。まずは中級の共通問題から。
※日記内では実際の出題文ではなく、ポイントだけをかいつまんでまとめています。

↓検定日の日記はこちら  

f:id:ai110-12368:20181119083143j:image

  •  富山県初の大臣(逓信大臣)で通信事業特別会計制度を完成させた、射水郡仏生寺村(現・氷見市)出身の政治家は、南弘(みなみ・ひろし)
    参照:北日本新聞webun:http://webun.jp/item/7418053
    歴史が苦手なので撃沈した問題。

  • 富富富(ふふふ)は15年の歳月をかけて研究されたお米

    参照:富富富とは|富富富(ふふふ) – 富山の新しいお米
    確かお米の袋に書いてあったような気が…と帰宅して確認してみましたが、記載は見当たらなかったです。富富富のページによると「平成15年に開発プロジェクトをスタート」とあるので、15年間ですね。

  • 五箇山の合掌造りの屋根裏では蚕を飼っていた

    参照:菅沼合掌造り集落 | 世界遺産 五箇山菅沼合掌造り集落
    この問題、「蚕」か「塩硝」か?で迷ったのは私だけ?菅沼の「塩硝の館」を訪れた日のことを必死に思い出してみると…囲炉裏で煮詰めて作る塩硝は屋根裏で作れるわけがない!ということで、「蚕」ですね。

  • 富山県内の日本の道100選。五箇山トンネルと…

    ↓こちらの日記に答えがあります。 

  • 魚津港、富山新港に続く、県内3ヶ所目の「みなとオアシス」に登録されたのは伏木港
    参照:国土交通省「みなとオアシス伏木」を賑わい拠点として新規登録
    知らなかった私は「氷見」を選んでしまいました…

  • 「SDGs未来都市」として今年、国から認定されたのは富山市
    ↓「テストに出るかも…」と気になって市の広報を切り抜いたので…もちろん富山市
  • 「富山マラソン」の併設レース。「車いす」と「ジョギング」

    参照:大会概要 | 富山マラソン2018
    「富山マラソンの応援に行ってくるわ」と話したら「ジョギング参加する人なら知り合いにおる」という会話をしたことで思い出せた。

  • こぢんまりとしていることを富山弁で「つまつま」

    参照:つまつま (富山の方言) の意味・変換 - 全国方言辞典 - goo辞書
    え?「つまつま」って富山弁だったんですか…?!普通に使いすぎていて富山弁の自覚なかったです。。

 

次回は【中級の部(産業・観光)編】の気になった問題まとめてみます

www.toyamaodekake68.com

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク