とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

福野夜高祭で行燈を見に

高岡御車山祭を見るために高岡に来たものの、雨で寒くて帰宅しようかと考えてたところ、思いつきで福野に寄ってから帰ることに。
↓前回の日記はこちら 

思えば、福野の行燈もいつか見たいと思っていたもののひとつ。
(私が「いつか見たい」と思っているものは富山県内だけでも星の数ほどあります。)

最初に訪れたのはJR城端線・福野駅。なぜならここには…

f:id:ai110-12368:20190502090027j:image

越中富山ふるさとチャレンジのスタンプがあるからです。駅内の観光案内所スタッフさんに声かけして、新品のスタンプを出してもらいました。(つまり私が「福野夜高祭」スタンプ押印2019年第一号でした…)
f:id:ai110-12368:20190502090009j:image

駅の前から夜高祭は始まってました。
f:id:ai110-12368:20190502090013j:image

巨大な「文久の大行燈」パンフレットによると高さは14メートル。
行燈の高さは明治時代に電線が張られたことにより、現在は6.36メートルに制限されているとのこと。
f:id:ai110-12368:20190502090053j:image

まだ日没前。ちょっと到着が早かったようです。
f:id:ai110-12368:20190502090017j:image

ちょっと街中を散歩してみました。待機中の大行燈も見かけました。夜になるとどうなるのだろう…と思うとワクワク。
f:id:ai110-12368:20190502090037j:image

福野といえばヘリオス…と思い、立ち寄ってみました。ヘリオスに来たのは7~8年前のスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド以来でしょうか。

建物内にも行燈がいました。「令和」撮影グッズつきで。
f:id:ai110-12368:20190502090041j:image
令和グッズを持っての記念撮影はためらいましたが、行燈は写真に収めました。
f:id:ai110-12368:20190502090308j:image
練り廻しまでまだ時間がありますが、どこへ行けばいいのかわからない…
駅内観光案内所でいただいた地図を片手にあちこち歩いていると、お祭りの音が聞こえてきました。
f:id:ai110-12368:20190502090006j:image

福野神明社(ふくの しんめいしゃ)。夜高祭の神社です。
パンフレットによると…大火により町が焼けてしまったことから、神明社を創建することとなり、伊勢神宮からの御分霊を行燈で迎えたのが夜高祭のはじまり…だそうです。勉強になります。

f:id:ai110-12368:20190502085956j:image
私も参拝して、境内でちょっとひとやすみ。
f:id:ai110-12368:20190502090044j:image
歴史を感じさせる立派な境内の休憩所でした。
f:id:ai110-12368:20190502090348j:image
境内の休憩所でパンフレットを熟読して、福野夜高祭の基礎知識を頭に入れてから、再び歩き出します。

準備中の行燈が次々と現れます。
f:id:ai110-12368:20190502090034j:image
f:id:ai110-12368:20190502090047j:image

夜高あんどんの壁画がある交差点へやってきました。
f:id:ai110-12368:20190502090050j:image

人が次々と集まってきてます。
f:id:ai110-12368:20190502090030j:image

近くにあったミニ行燈展示スペースでアンケートに答えたら、オリジナルうちわをプレゼントにもらいました。せっかくの機会なので、記念品として「令和元年」鉛筆を購入。
今年の越中チャレンジ検定はこの鉛筆で受検して合格します!

f:id:ai110-12368:20190502090149j:image

近くで販売していた、かりんとうまんじゅうを食べながら私も上町交差点で待機。
この交差点は銀行が3つ集まっていることから「銀行四ッ角」と呼ばれているらしいです(参照:福野夜高祭みどころマップ)
f:id:ai110-12368:20190502090111j:image
行燈が次々と集まってきました。人もどんどん集まってきます。
f:id:ai110-12368:20190502090104j:image
f:id:ai110-12368:20190502090221j:image

f:id:ai110-12368:20190502090159j:image

そろそろ始まりそうです。じっとしていられなくて、交差点周辺をうろちょろする私。
f:id:ai110-12368:20190502090225j:image

日が暮れ、行燈の明かりがどんどんと映えてきます。
f:id:ai110-12368:20190502090128j:image

日が暮れれば暮れるほどに…
f:id:ai110-12368:20190502090209j:imageより色鮮やかになる行燈。
f:id:ai110-12368:20190502090242j:image
f:id:ai110-12368:20190502090259j:image

真横に通ってきたときに見上げたら、迫力!
f:id:ai110-12368:20190502090256j:image

帰宅までの移動時間のこともあって、今回は後ろ髪ひかれながらも途中で帰ることに。
f:id:ai110-12368:20190502090238j:image

名物の引き合い(けんか)は翌日2日の深夜。これを見るときは、さすがに近隣で泊まらないと。次に来るときは一泊して、夜中まで見てみたいな…と思いつつ。
f:id:ai110-12368:20190502090206j:image
もう一度、福野駅前を通ったところ…文久の大行燈も昼間とはまた違う雰囲気に。
f:id:ai110-12368:20190502090135j:image足元まで近寄ってみると、大迫力で。
日中見たときは白っぽく見えた行燈も、明かりが灯るとこんなにも美しくなるのか…と。
f:id:ai110-12368:20190502090231j:image
↓お祭りの雰囲気は動画でぜひ。笛や太鼓の音もあり、お祭り気分が伝わってきますよ。


福野夜高祭(2019.5.1)【とやまおでかけうさぎ】

 

《南砺市福野に関する他のおでかけ日記はこちら》
↓2年前、越中チャレンジ体験型バスツアーで安居寺と巖浄閣へ行った日記