とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

源ますのすしミュージアムで、ますずし食べて

四季防災館に続いて目指すのは「源ますのすしミュージアム」

f:id:ai110-12368:20190901214451j:image

 ↓前回「四季防災館」の日記はこちら

国道41号線を南へ南へと走り、熊野川を越えるとドーンと見えてくる「ますのすしミュージアム」の文字と大きな白い建物。
観光バスの団体客に限らず、誰でも無料で自由に入れるのは知ってはいるのですが…ここも私にとっては「行こうと思えばいつでも行けるのに」と思う場所のひとつで。

f:id:ai110-12368:20190901214516j:image

中に入ると、福野夜高あんどんがお出迎え。そういえば5月に見に行ったばかりでしたね。
f:id:ai110-12368:20190901214457j:image

 ↓5月に福野夜高祭を見に行った日記はこちら

館内には、ますのすしの歴史パネル、工場見学(窓越しに見る形)、全国の駅弁パッケージなどの展示があります。

私は以前にバスツアーで来た時にじっくり見たので、展示コーナーはさらさらっと見学。昼食のタイミングを逃したままだったので、展示よりも何か食べれる物を探したいところ。

レストランは営業時間外だったので、物販コーナーで「ますとぶり」の小箱のお寿司を買いました。ちなみに支払いにPayPay(ペイペイ)使えました。PayPay使えるお店、最近は増えたので便利になってきました。

f:id:ai110-12368:20190901214447j:image

四角いますのすしと、カブラが添えてあるぶりのすし。ぶりのすし食べたのは初めてでした。
f:id:ai110-12368:20190901214506j:image

越中富山ふるさとチャレンジのスタンプは、売店のレジに声をかけると押せます。
f:id:ai110-12368:20190901214501j:image

スタンプを出してくれた店員さんに「越中チャレンジ、がんばってください!」と励まされ、次のスタンプを求めて再び歩き出したのでした。

↓次回「イタイイタイ病資料館&とやま健康パーク」へつづく