とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

ついに黒薙温泉へ〜念願の黒薙デビュー【黒薙温泉で泊まろう・その2】

鐘釣駅からトロッコ電車で折り返して、いよいよ今回の目的地・黒薙温泉へ向かいます。

↓前回の日記はこちら

黒薙温泉もずっと行きたかった場所のひとつ。江戸時代からの歴史があり、宇奈月温泉の源泉(←ここテスト*1によくでます)。トロッコ電車でしか行けない秘境の宿。

そして最も私の心惹かれるポイント。それは「テレビも携帯(但しdocomoは除く)もネットもつながらない」ところ!デジタルデトックスには最適の場所です!電波やネットのない世界で癒されたい…そんなデジタルデトックス目当ての私には日帰りの選択肢はなく、宿泊一択だったのです。

黒薙駅も初めての降車。

f:id:ai110-12368:20200713150135j:image

振り向くと、黒薙温泉へ続く入口。f:id:ai110-12368:20200713150107j:image線路を渡り、この階段からスタート。
f:id:ai110-12368:20200713150449j:image見た目通り急な階段です。一歩一歩踏み締めて、コケないように…
f:id:ai110-12368:20200713124724j:image道は一本道。途中に案内看板もあるので迷うことなく進めますが…
f:id:ai110-12368:20200713124716j:imageこんなところや…
f:id:ai110-12368:20200713124846j:imageこんなところも潜り抜けたり。
f:id:ai110-12368:20200713124906j:imageそれでも、山の景色やアジサイに心癒されるので、道のりは思ったよりも苦でもなく。
f:id:ai110-12368:20200713124753j:imageついにゴール。帰りはこの道を戻るのか…と思うと、ちょっとグッタリしますが。
f:id:ai110-12368:20200713124742j:image

↓黒薙駅から黒薙温泉までの道のりをスライドショーでまとめてみました
黒薙駅→黒薙温泉旅館までの道のり(2020年6月)【とやまおでかけうさぎ】

チェックインしたのは、ちょうど日帰り入浴客が帰り始める時刻。とりあえず歩き疲れた私は部屋でゆっくりすることに。

部屋から滝が見えます。まるで動く絵画のよう。何時間見てても見飽きません。
f:id:ai110-12368:20200713124854j:image窓の外は清流でした。日中は窓を開けて、水の流れる音を聞きながら、ひたすら部屋でぼんやりと過ごします。
f:id:ai110-12368:20200713124838j:image

川の音は思ったよりも気にならず。二重窓で音もだいぶ鎮まります。もちろん完全に川の音が聞こえなくなるわけではないので、音が気になる人には気になるとは思いますが…

せっかくなので電波チェック。スマホ(LINEモバイルのソフトバンク回線)も電波なし!
f:id:ai110-12368:20200713124841j:image

ガラケー(ソフトバンク)も圏外!もちろんワンセグも圏外!
f:id:ai110-12368:20200713124804j:image部屋にある「お宿のしおり」で黒薙温泉のお勉強。読み物としても楽しめるしおりでした。
f:id:ai110-12368:20200713124731j:image黒薙温泉限定のフェイスパック。これはお土産として家で使おうかな。
f:id:ai110-12368:20200713124757j:image夕食前に内湯で汗を流し、露天風呂「天女の湯」へ。お風呂はもちろん撮影NGなので温泉の写真はありません。

露天風呂「天女の湯」は、事前にホームページやパンフレットで調べていたとはいえ…想像を遥かに越えたスケールのお風呂でビックリ!

崖の上にお風呂があるかのような…そして真下に川。湯船に入るとモクモクとあがる湯気、そして川に向かって溢れ落ちるお湯。言葉で説明するのも難しいですが、とにかく大自然の中での開放感が飛び抜けています。あまりの開放感に、明るいと自分一人でもなんだか恥ずかしくなるくらいので、日没後の方が落ち着いて入浴できたような気がします。

この日の宿泊者は10人未満だったこともあり、他のお客さんと浴場で一緒になることはほぼなかったです。貸切気分でゆっくり温泉が楽しめました。

そしてお待ちかねの夕食!ランチらしいランチも食べてなかったのでお腹ペコペコ。

山の幸を中心とした、富山らしいメニューです。岩魚にホタルイカ、揚げたての天ぷら。
f:id:ai110-12368:20200713124824j:image

昆布〆め。普段は苦手だけど、旅気分なこの日は美味しくいただきました。
f:id:ai110-12368:20200713124857j:image

メニューを見て「『カジキ』?珍しい魚の昆布〆めなんだなー」と思いましたが、冷静に考えたら昆布〆めでお馴染みの「サス(富山弁でカジキのこと)」のことでした。カジキとは普段言わないので…

「の」の字の昆布蒲鉾。山菜やススタケなどの煮物。(もしかしたらススタケも富山弁?!)
f:id:ai110-12368:20200713124910j:image

そして宇奈月ビール!こちらは館内の自販機でも販売してました。
f:id:ai110-12368:20200713124727j:image

もちろん完食!ご飯もふっくらと炊き上がってて美味しかったです。
f:id:ai110-12368:20200713124914j:image

食後にもう一度「天女の湯」へ。黒薙温泉で最も有名な大露天風呂は翌朝にすることに。

ネットもつながらないので手元のスマホも触ることなく、早めの就寝。普段は暇さえあればスマホ片手にネット三昧。どれだけ依存しているか、使えなくなってようやく気づくものです。

朝まで熟睡…というわけにもいかず。早く就寝してしまったために真夜中に目が覚めてしまい、とりあえず夜中の川の流れを写真撮影してみたり。
f:id:ai110-12368:20200713124801j:image気がつけば夜も明け、雨の音で目が覚めます。目覚めたら目の前に、滝。贅沢な瞬間。いつまでもこの部屋に留まっていたい…f:id:ai110-12368:20200713160807j:image

朝食前、雨が小降りになったのを見計らい大露天風呂へ。(もちろん大露天風呂も撮影NGなので写真はありません)

河原にドーンとある露天風呂は、これもまた想像を遥かに越えた大自然の中の露天風呂。早朝の宿泊者女性専用時間で自分以外の人はいなかったとはいえ、あまりの開放感にタオルだけでは落ち着かなくて…次はちゃんと水着を着用して来ようかな?と思いました。(大露天風呂に限り、バスタオルや水着着用可能)

朝風呂の後はお楽しみの朝食。湯豆腐ではなく、温泉豆腐。そして温泉玉子。
f:id:ai110-12368:20200713124817j:imageワラビの和え物。フキノトウの味噌炒め。ご飯がすすむメニュー。
f:id:ai110-12368:20200713124750j:image朝食ももちろん完食。ご飯もおひつでお代わり。ごちそうさまでした。
f:id:ai110-12368:20200713124820j:image食事時間にお隣のテーブルと一緒に(こちらも同じく富山からのお客さん!)と、ご飯が美味しかった記念として「おひつ」の写真を撮りました。「おもしー!おもしー!」と一緒に笑いながらの楽しい時間に。(「おもしい」は富山弁で「おもしろい」)
f:id:ai110-12368:20200713160911j:image
食事後はチェックアウトぎりぎりまで部屋でゆったり。気がつけば二度寝してました。

そして名残惜しくもチェックアウト。旅館の皆さん、一緒に食事を楽しんだお隣のテーブル席の方々と互いに「またここで会いましょう!」と挨拶をして、昨日来た山道を再び歩きます。
f:id:ai110-12368:20200713124921j:image食事の時にお隣テーブルさんから教えてもらった花もみつけました。
f:id:ai110-12368:20200713124720j:imageこの階段を降りると、もう黒薙駅。
f:id:ai110-12368:20200713124834j:image帰りのトロッコは貸切車両状態。これなら足も伸ばせます。
f:id:ai110-12368:20200713124917j:image昨日は泥色だった宇奈月ダム湖。グリーンの水が戻ってきたような。
f:id:ai110-12368:20200713124813j:image

一泊二日の富山県内旅行。朝も早くなく、帰りも遅くなく。f:id:ai110-12368:20200713164621j:image

富山県内に住んでいると、富山の宿に泊まる機会はなかなかないものです。県内であればほとんど日帰りで行き来できるので。
f:id:ai110-12368:20200713124901j:image日帰りできる距離だとしても宿泊すれば時間に余裕も生まれ、よりゆったり過ごすことができます。一泊だけでも十分に楽しめるのがいいところ。

富山県内宿泊旅行、また近々計画立てて行こうと思います。ええ、もちろんキャンペーンは落選してるので自分の力で…

 


*1:テスト=越中富山ふるさとチャレンジ検定