とやまおでかけラボ

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

里中満智子「愛」のテーゼ(高志の国文学館)へ

私の大好きな場所の一つ、高志の国文学館。今回は里中満智子さんの企画展を見に来ました。

f:id:ai110-12368:20180912231745j:image

「愛」のテーゼ。この響きだけで、うっとり。
f:id:ai110-12368:20180912231730j:image

そして今流行り(?)の撮影・SNS拡散推奨展示!ということで遠慮なく拡散用に撮影してきました。
f:id:ai110-12368:20180912231742j:image

なんと!来場者にはもれなく塗り絵プレゼント!しかも4枚セット!塗り絵コーナーも併設されていました。
f:id:ai110-12368:20180912231714j:image

こちらは企画展初日のイベントにて、里中満智子さんが描いた大伴家持。大伴家持がイケメンとして描かれています。
f:id:ai110-12368:20180912231738j:image

入場すると略年譜。私にとっての里中満智子さんの思い出は、1991年にNHK教育テレビで放送されていた少女マンガ講座番組「少女コミックを描く」。当時まだ幼かった私は少女マンガ家にとても憧れていて、毎週番組をVHSで録画しては繰り返し視聴し、本気で「自分もマンガ家になる!」と思い込んでいました。
f:id:ai110-12368:20180912231736j:image

 当時、このテキストも購入して読み込んでいました。懐かしい…

少女コミックを描く (NHK 趣味百科)

展示はデビュー作から順を追って。数々の原画はもちろん、仕事道具や本人インタビューのVTRも。かなり見ごたえありました。
f:id:ai110-12368:20180912231751j:image

「天上の虹」を中心とした、「歴史・古典のなかの愛」コーナー。世界に引き込まれます。
f:id:ai110-12368:20180912231720j:image

 

天上の虹 全11巻セット (講談社漫画文庫)

天上の虹 全11巻セット (講談社漫画文庫)

 

常設展の中にも、里中満智子さんの展示ありました。現在制作中の『言霊の人・大伴家持』の原画の一部を公開。
f:id:ai110-12368:20180912231717j:image

大伴家持をテーマにした作品、完成したらぜひ読んでみたいです。発表が楽しみですね。

 

常設展の出口を出たら、アニメ版「君の膵臓をたべたい」特設コーナーが。ロケ地が高岡や新湊らしいです。ロケ地マップと ねまるちゃ秋号を頂いてきました。

f:id:ai110-12368:20180912231733j:image

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」 Original Soundtrack

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」 Original Soundtrack

  • アーティスト: 劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」
  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2018/08/29
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

展示を見終わったあとは、館外散策。

ラ・ベットラ・ダ・オチアイの後に入ったシェ・ヨシ(Chez Yoshi)の入口と、富山県知事公舎の名残。
シェ・ヨシではランチ・ディナーだけではなくカフェタイムもあるので、文学館の展示を見たあとにティータイムもできますね。
f:id:ai110-12368:20180912231726j:image

「万葉の庭」これも県知事公館の名残。
f:id:ai110-12368:20180912231723j:image

お庭のプチ散歩してきました。
f:id:ai110-12368:20180912231748j:image

街中にあるにもかかわらず、静かな落ち着いた雰囲気漂う高志の国文学館。富山に関する本も、お庭を見ながら読み放題。そして立山・黒部の名水が飲めるコーナーで喉を潤すこともでき、シェ・ヨシでランチやティータイムを楽しむことができるという素敵な場所。

次に来るときは、シェ・ヨシのカフェを楽しみたいなと思いつつ、帰路につきましたとさ。

 

《2017年・県民ふるさとの日に高志の国文学館へ訪れた日記はこちら 》

www.toyamaodekake68.com

 

 

 

 


スポンサーリンク