とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

そうだ、ふるこはんフェスへ行こう!《ふるこはんフェスと伏木めぐり・その1》

2年前に伏木曳山祭けんか山で来て以来「次は昼間に伏木の資料館めぐりしたいな…」と思っていたのですが… 
↓「かっちゃ」を見に行った日の日記はこちら

気が付けば新元号が「令和」と決まり、いつのまにやら万葉歴史館が大ブームに。

「令和になった今年こそ、伏木に行かなきゃ!」と思っていたところ、新聞で「ふるこはんフェス」が勝興寺で開催と知り、「フェスをきっかけに今日こそ伏木へ行こう!」とようやく決意。

ということで、9月最後の日曜日。高岡市伏木に2年ぶりにやってきました。

ずっと行ってみたかった古刹のひとつ、雲龍山勝興寺。ここが「第2回ふるこはんフェス」の会場です。ようやく訪れることができました。

f:id:ai110-12368:20190929222821j:image

今日はフェスなので人も多く賑やか。
f:id:ai110-12368:20190929222826j:image

天気が雨になるかと心配でしたが、空はどんどん晴れてきて青空も見えるほど。気温も上がり汗だくの暑い一日に。
f:id:ai110-12368:20190929222829j:image

勝興寺・本堂の外縁で飲食ができる「坊主Cafe&Bar」
ロータスティー(はすのお茶)と麸とキノコのハヤシライスで休憩。f:id:ai110-12368:20190929231150j:image

休憩後、「ふるこはんフェス」で一番楽しみにしていた「勝興寺見学ツアー」へ。


f:id:ai110-12368:20190930023250j:image

f:id:ai110-12368:20190930023257j:image

f:id:ai110-12368:20190930023253j:image

f:id:ai110-12368:20190930023331j:image

f:id:ai110-12368:20190930023328j:image

f:id:ai110-12368:20190930023334j:image

f:id:ai110-12368:20190930023440j:image

f:id:ai110-12368:20190930023437j:image

10人ずつほどのグループになって、ボランティアガイドさんの解説で建物内を見学。勝興寺の歴史や平成の大修理の経緯などのお話も聞けて、勉強になりました。

私もガイドさんみたいに、いつかは富山についてスラスラと語れるようになりたいものです。

そして夕方5時。ふるこはんフェスの目玉のひとつ。音楽法要のスタート。続々と本堂に人が集まり、雅楽の演奏からスタート。

f:id:ai110-12368:20190929223436j:image

そしてシンセサイザーの演奏に乗せて、歌声のように響く声明。法事の時は長く感じられる法要も、シンセサイザーのメロディに乗せれば軽やかに聞こえるような。

このような色紙を渡されて…
f:id:ai110-12368:20190929223454j:image

僧侶の合図と共に色紙をフワリと宙に飛ばします。法要に彩りを添えるカラフルな華の舞でした。華葩(けは)と呼ぶそうです。
f:id:ai110-12368:20190929223447j:image

終了後、雅楽器の解説もありました。
f:id:ai110-12368:20190929223442j:image

この後引き続き、本堂では音楽ライブがスタート。
f:id:ai110-12368:20190929223458j:image

音楽ライブは午後8時まで続いたそうですが、帰路の移動時間を考えて少し早めに勝興寺を後に。名残惜しいですが。
f:id:ai110-12368:20190929223439j:image

帰る前にふと思い出し、伏木駅前へ移動した「如意の渡」の像をチェックしてから帰路につきましたとさ。
f:id:ai110-12368:20190929223451j:image

ふるこはんフェスの合間に、伏木にある資料館もあちこち回りました。

北前船資料館、気象資料館、そして万葉歴史館です。

→次回《ふるこはんフェスと伏木めぐり・その2》はこちら