とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行ったり情報を集めてます。

伏木北前船資料館・望楼へ上って伏木を一望《ふるこはんフェスと伏木めぐり・その2》

「ふるこはんフェス」目当てでしたが、伏木に着いて最初に向かったのは「高岡市伏木北前船資料館」。到着時刻がフェス開始前だったので、先に資料館めぐりから始めようと。

↓前回の日記はこちら 

 住宅が並ぶ道を進むと北前船資料館が見えてきました。越中富山ふるさとチャレンジののぼりも立っています。

f:id:ai110-12368:20190929224039j:image

昨年の越中チャレンジ合格カード提示割引で入館。主屋から見学スタート。

撮影OKとのことなので、館内の様子を撮ってみました。

けんか山のミニチュア展示
f:id:ai110-12368:20190929224058j:image

庭の眺め
f:id:ai110-12368:20190929224144j:image

船に関する展示
f:id:ai110-12368:20190929224139j:image

秋元家の品々。(伏木北前船資料館は旧秋元家住宅)
f:id:ai110-12368:20190929224112j:image

向こう側にあるのは土蔵。あちら側も行けます。
f:id:ai110-12368:20190929224052j:image

主屋から一度出て、蔵へと続く通路を進みます。
f:id:ai110-12368:20190929224117j:image

大きな釜?が並んでいまいた。
f:id:ai110-12368:20190929224128j:image

蔵の中にも展示がまだまだありました。こちらは北前船に関する展示。
f:id:ai110-12368:20190929224124j:image

はしごのような階段で2階に上がると、「船絵馬」と呼ばれる船の絵がずらり。
f:id:ai110-12368:20190929224136j:image

こちらは「引札」と呼ばれる、昔の広告チラシ。岩瀬の写真も発見。

近寄ってじっくり見たいのですが、2階の床が歩くたびにミシミシと音を立てて怖い。大丈夫だとわかっていつつも、歩くたびに軋む2階の床に怯えながら見学してました。
f:id:ai110-12368:20190929224132j:image

↓昨年、岩瀬でおでかけオフ会した日の日記はこちら

 蔵の中の資料展示も一通り巡り、いよいよこの資料館の特徴である「望楼」へ進みます。

こちらが望楼への案内板。え?「4人を限度」??また床が軋むような感じなんだろうか…とドキドキ。
f:id:ai110-12368:20190929224121j:image

スリッパが置いてありましたが「スリッパ履くと昇りにくそう…」と心配になったため、スリッパを脱いで望楼へ続く階段を上ることに。
f:id:ai110-12368:20190929224048j:image

上に進めば進むほど、狭く急になるハシゴのような階段。ちょっとした冒険気分です。
f:id:ai110-12368:20190929224142j:image

階段を昇りきると、2畳ほどの小さな部屋に。障子の向こうに空が見えます。
f:id:ai110-12368:20190929224102j:image

畳の上に座っていると「床が抜けないだろうか?」となんとなく落ち着かない状況。なんかミシミシとまた音がするんです。「でも4人まで大丈夫だから、大丈夫なはず…」と自分に言い聞かせてました。

ここから伏木の街をぐるりと見渡せました。こちらは伏木駅の方向。
f:id:ai110-12368:20190929224109j:image

あちらは伏木港の方向。冬の晴れた日には海越しの立山連峰も見えるそうです。
f:id:ai110-12368:20190929224107j:image

さっきまで中を見学していた、旧秋元家の住宅が真下に。
f:id:ai110-12368:20190929224045j:image

望楼からの眺める伏木の景色を一望して、再び同じ階段で下へと戻ります。足元を確認しながら、踏み外さないようにそーっと一段一段ゆっくりと降りました。なかなかスリリングです。
f:id:ai110-12368:20190929224055j:image

そして越中富山ふるさとチャレンジのスタンプも忘れずに。
f:id:ai110-12368:20190929224042j:image

スタンプを押してると、館内スタッフさんに「検定の勉強がんばってね!」と応援していただき、とても嬉しかったです。勉強への励みになりました。

さて、まだ「ふるこはんフェス」まで時間があります。続けて「伏木気象資料館」へ向かいます。

↓《ふるこはんフェスと伏木めぐり・その3》はこちら