とやまおでかけ日記

富山県内を観光客のフリしてあちこち遊びに行って「とやまおでかけ日記」というブログ書いてます。

春を待つあいやまガーデンで、ハトムギワッフル《春先の氷見さんぽ・その3》

朝日貝塚に立ち寄った後にランチして、次はティータイム。

↓前回の日記《春先の氷見さんぽ・その2》はこちら 

 「氷見特産のハトムギ粉で作られた“ハトムギワッフル”が美味しい」という話を聞き、ワッフル目当てでバラ園で有名な氷見あいやまガーデンへ。このブログを始める前に行ってた記憶があるので、およそ5年ぶりくらいの来園。

f:id:ai110-12368:20210328122012j:image

ワッフル食べる前にランチ後の運動をするために園内散歩です。

まだ咲いてない花も多く準備中の花壇も多いためか、この日は入園料500円(通常は大人800円)とワンコインでお得ということもあったので。
f:id:ai110-12368:20210328122017j:image

富山湾と氷見市街、そして運が良ければ海越しの立山連峰も一望できるビュースポット。立山連峰は山頂が白い雲みたいになっててクッキリとは見えてはいませんでしたが…一応うっすらと見えてました。春が近づくと立山連峰の見え方も霞んでフンワリしがちです。

f:id:ai110-12368:20210328122046j:image

ここから見渡すと富山湾がぐるりと弓のように弧を描いてることが一目でわかる。富山ってまぁるいんだなぁ、と。

f:id:ai110-12368:20210328165613j:image

園内は所々で春の始まりを感じさせる花が咲いていたり


f:id:ai110-12368:20210328165910j:image

f:id:ai110-12368:20210328165925j:image

f:id:ai110-12368:20210328165919j:image

つくしがニョキニョキ顔を出してたり
f:id:ai110-12368:20210328122122j:image

6月頃になれば、ここは全てバラで溢れてるんだろうな…
f:id:ai110-12368:20210328122116j:image

あいやまガーデンに来る時はいつもバラの季節だったので、今回はバラが咲く前のお庭の秘密の素顔を見れたような感覚。
f:id:ai110-12368:20210328122058j:image

道の両脇には色とりどりのかわいいパンジー。つぼみのチューリップも。
f:id:ai110-12368:20210328122006j:image

暖かくなって花がもっと咲くようになったらきっとキレイだろうなぁ、また春になったら来たいな…とルンルンと胸が躍るティータイム前のお散歩となりました。

そしてお目当てのハトムギワッフル!食べる前から焼きたての香りに包まれます。

f:id:ai110-12368:20210328122110j:image

黒蜜きな粉に抹茶アイス。リンゴで作られたバラが可愛らしく、食べてしまうのがもったいないくらい。
f:id:ai110-12368:20210328122040j:image

生地にハトムギ粉が使われていて香ばしい味のワッフル。一皿でおやつとして十分に満足できるボリュームなのに価格は700円とリーズナブル。また食べに来たくなるワッフルでした。

おまけ

ちなみに今回の《氷見さんぽ》に来た最大の目的は…実はここ。JAグリーンひみ
f:id:ai110-12368:20210328122052j:image

…の中での氷見牛焼肉ランチでした。
f:id:ai110-12368:20210328122028j:image

海鮮もいいけど、私はやっぱり肉の方が好きです。

r.gnavi.co.jp

↓ランチ前のお散歩から始まった今回の《春先の氷見さんぽ・その1》はこちら